Posted コメントするカテゴリー: ブログ未分類

オアシスパークに向かって、お昼くらいに車を走らせていたら、集団下校の小学生とすれ違った。
自転車通学の中学生も向こうからやってきます。

あー、半ドンなのね。

そう思って、しばらく経ってからふと思った。

夏休み終わったんかいっ?!

そりゃそうだ、いつまでも夏休みが続くわけがない。

ま、わかってはいたんだけど、これからオアシスパークなんですけど~

行ってみたら意外に人はいたので安心しました。

まだ終わってなかった!!

前回は駐車場側のゲートだったのが、今回は新しくできた水遊び場のそば、
思った以上にキャーキャーなってます。さすが水、みんな遊びたいよね。

しかし、この遊び場が近すぎるという状況はなかなかやりづらい。
興味のバランスを 大道芸>水 を堅持しておかないと、水に持って行かれちゃう。うん、そりゃ遊びたいもん、暑いし。

そんなわけで、水場できゃーきゃー行ってる状態でスタートしました。
終盤、バランス芸で、ちょっと高いところに登って、水場を見渡したら、ガラガラでした。
よっしゃ勝った!笑

そんな感じでお付き合い頂いた皆様ありがとうございましたー。

あ、スケジュールわすれてた。
とりあえず今週末の9月3日(日)は竜王アウトレットです。
二階の連絡通路の方になりますよー。

シーズンイン

Posted コメントするカテゴリー: ブログ未分類

やっとこのシーズンがやってきた。

しかも今日は守山区の志段味の夏祭り。

行くしかないよね、ぶどうを買いにってことで、東谷山フルーツパークのそばのぶどう園へぶどうを買いに行ってきました。

ぶどう狩りをやってて、そのぶどう狩りのシーズンってのが、今年は8月25日~9月10日までらしいです。僕は買いたいだけなんですけども、売ってる期間も同じくらいじゃないかと思ってます、多分。

ぶどう狩りもしたいなーってちょこっと思うんですけど、あんなに甘いものを何房も食べたらやばいんじゃないかって躊躇してしまう笑 それくらい甘いよねぶどう。

ここらの有名なのはベリーAという品種なんですが、ベリーAの籠盛りをモリモリ買って、あと色々売ってるところがあるので、そこ行って瀬戸ジャイアンツと翠峰とニューピオーネと買ってきました。
まだ品種が少ないのかなって感じなので、また今度行こっと。
コストコで売ってるみたいな、皮ごと食べられるようなのも好きなんですけど、やっぱこの時期だけしか食べられないのは段違いにうまいです。
東谷山にもう一回くらい行くといいつつ、大府にも長野にも行く予定。うーん、我ながら・・・・

そういうわけで、守山区の志段味の夏祭りにいってきたわけです。
たくさんの人です、うちの地元のようなつもりで、地域の夏祭りね!って思ってでかけるとびっくりします笑 なんか勢いがありますね。
祭り自体への力の入れ様もすごいものがあるので、こちらも力が入ります。
下手なことはできんなぁって感じですんで、それはもう頑張りました笑

見に来てくれた方もたくさんいらっしゃいました。
ここらへんだと、フルーツパークで見ただの、モリコロで見ただのって方も多いです。うれしいですね。

ちなみに、10月のフルーツパークのイベントでも行くので、志段味の皆様、またぜひどうぞっ! お待ちしています。

出口なのか入口なのか

Posted コメントするカテゴリー: ブログ未分類

実は先日の人間ドッグで「便潜血」で引っかかりました。

便の中に血が混じっているという状態で、疑われるのが

「大腸がん」

7月の検査でわかったのですが、再検査の予約が取れるのが8月ということで、今日になりました。

心配なのでもっと早くやれないかとも思ったのですが、そんな心配を表情から伺ったのか、お医者さんは
「一ヶ月後だからって致命的にどうにかなるわけじゃないから大丈夫」
と、安心なのか不安なのかよくわからない発言。

2日前から食べるものに制限があって、野菜や果物のような食物繊維があるものは食べちゃだめだとかって言われていて、前日の9時以降が絶食。
当日は朝から病院に行って、ゆっくり下剤?を飲みながら腸の中までからっぽにしていきます。

10回めにトイレに行ったところで、OKが出て、予定より1時間ほど早く検査が始まったのが午後2時。
「汚れるので、これに着替えてください」
と言われて、
「ああ、やっぱ汚れるんだ・・・」
と思って着替えたのが、検査着と、お尻の部分が縫い合わされていないトランクスみたいな紙パンツ。
これで診察ベッドに横たわって開始です。

大腸内視鏡ってことで、どれほど恐ろしく痛いものだろうかということを覚悟していたんですが、たしかになんか座薬が入った感覚ってこんなんだったね、ということを思い出したくらいで、意外にかんたんに入っていきます。
そして、横になっている僕の目の前にカメラ映像がばんばん映し出されています。
腸の中でどうやって操作するのかと思ったら、X線を併用して、時々場所を確認しながらぐいぐい中まで入っていくんですね。

ぐいぐいやってる感じは分かるんですが、意外になんともなくって、時々ぐっと中から押される感じがあるものの
「胎児が蹴ったってのはこんなんだろうか?」
なんてことを考えてるような余裕がありました。

「これが小腸です」
と言われた、大腸の始まりのところから本格的にスタート、ゆっくり撮影しながら戻っていきます。

あれだけ時間をかけて空にしたこともあって、綺麗さっぱり何もなくってピンクの内壁だけしか写っていません。
ときどき怪しいところがあるのか、写真を撮っていて、それがカメラ映像の横に並んで表示されていきます。明らかに突起になってるような部分が一つあって、カメラも赤外線?っぽい映像に切り替えて撮影していたので、これがやばいところなのかなと思うと不安になります。

「はい、おわりましたー」と言われて検査は終了。
排泄物で汚れて大変なことになっているのかと思いきや、そこらへんも大したこともなく、というかちっとも汚れていませんでした。

大して痛くなかったのも、汚れなかったのも、きっと先生の腕が良かったのでしょうね。ありがたや。

ちなみに結果は、ポリープはあるものの、大した大きさでもなく良性なので取る必要はないとのことでした。

しばらく心に引っかかっていましたが、これでやっと安心できました。よかったよかった。