ツアー最終日

投稿日: コメントするカテゴリー: ブログ未分類

ミュージシャンの方がよく「ツアー」という言葉を使うのですが、どれくらいからツアーと言ってもいいのでしょうか?

グーグル先生に「学園祭ツアー」で検索をかけてみたら、上位にあるバンドが3ヶ所回ってツアーと言っています。
もしかして、日程が連続してないとダメ?と思ったけど、割とそうでもないようです。

よっしゃ、それなら4校行ってたら一般的にも問題なさそうだ。

というわけで、今日は「オマールえび学園祭ツアー」最終日!
中京学院大学の学園祭でした! 微妙に母校(系列の高校の卒業生です)。

.jpg

2ステージとも同じ内容にしようかと思ってたのですが、お客さんあまり入れ替わってないかもってことだったので、悩んだ末にネタ変更。

1回目は客席が埋まった状態でスタートだったのが、2回目は直前がバサラで客席まで使った演舞だったので一旦クリアーになってる状態で、寄せから始めないといけないってことで、構成を微調整しつつ、例のごとく30分に収めないといけないっていう、割と難易度の高いパズルのような状態。

正直なところ、ちょいオーバーか?と思ったら29分。心の中でガッツポーズ。

それでも、あと5分あれば握手会もできるんだけどなーと思うんですが、いや、そもそも30分で握手会込みの構成を作るべきか・・・来年のツアーに向けて検討しよう笑

微妙に母校とはいうものの、在学当時は短大だった場所なので全く縁がなかったので実は初めて。
他に行った学祭と比べると規模はコンパクトな感じなんですが、ステージも模擬店も一箇所に集めたことで、全体がとっても賑やかな感じ。
僕のステージも大変盛り上がりました。見に来た方もたくさんいらっしゃってたみたい。ありがとうございました。

今年は4校、来年はもっとたくさんいけるといいなー、学園祭ツアー。
関係者の方、お待ちしてます。

ゴメンナサイ

投稿日: コメントするカテゴリー: ブログ未分類

うう、ごめんなさい。
360度写真が、ちゃんと撮れてなかった・・・

刈谷地区農業まつり、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

9時前に入ったのに駐車場がすでに満車状態ということでびっくり。
農業系のイベントは朝が早い。そして平均年齢が高い。
農協のイベントなのでいろんなところで気前が良いもんですから、もう並ぶ並ぶ。
特産品の販売で行列
もちつきに行列
スタンプラリーで行列
福引で行列
ビンゴカードの配布で行列
すごい行列でした。

1回目、もう少し余裕を持ってスタートできる予定で始めたんだけど、リハで使えていたマイクが急に使えなくなって、あわててサブのマイクをもってきたりしていたものですから、だいぶ予定が狂ってしまったもんだから、ちょっと慌てたショーになってしまった。

なんとか持ち時間に収めたんですが・・・ 次のステージが準備に時間が掛かるから余裕を持っていた感じで、あー、だったらもうちょっとじっくりやっておけばよかったなぁと。
割とこれ「ステージあるある」。全力で持ち時間を守って、はいどうぞ!!と次に渡したら次がすごいのんびり準備してなおかつ予定より早く終わるという笑。ま、それでも持ち時間を守るに越したことはないんだけど。

ここのところ、時々平日に豊田の山奥でショーをしてるんですが、屋台のお姉さま方に「オマールちゃんは喋り方が優しいねぇ」と言われる。年配の方を相手にしてると優しくなるというか、挙動がオネエっぽくなってくるのです。今日もそんな感じ。

たくさん見に来ていただいてありがとうございました。

20181117_103655

今日は新しいウィッグです。

欲しい人いないと思うけど参考までに笑

スマートマッシュという髪型らしいよ

トートバッグ

投稿日: コメントするカテゴリー: ブログ未分類

20181116_142713

岐阜県内の図書館をめぐるスタンプラリーがひっそりと開催されていることをご存知でしょうか?

スタンプラリー「清流の国ぎふの図書館をめぐろう2018」

お近くの図書館にスタンプラリーの台紙がひっそりと置かれているはずです。

岐阜県図書館協議会という、県内の図書館の館長が集まる会議の中で決められたことですから、県内のいろいろな図書館を巡ってくれたらいいな~なんていうことを思っての企画なんです。うん、まぁわかる、そんなことがあるといいなーという思いはよくわかる。
しかし、そもそも自分の利用している図書館以外に3館巡るってのは、一般の利用者としてはなかなかハードルが高い企画だよなと思うわけです。
そのため、今年からは「本を借りてもスタンプを押すよ」としているようですが、それはそれで消化率を増やすための苦肉の策、もっと言えば本末転倒。

僕の場合は、図書館によって絵本の品揃えに差があるのでそれをあさりにいったりとか、図書館の企画とか見て、今月はなかなかおもしろいことをやってるのねーなんて見方をしているんですが、そういう楽しみ方ができる人は、関係者以外にほぼいないでしょう。
なのでやはり、本も借りられない図書館を巡るというのは一般利用者にはなかなかハードルが高いなと言わざるを得ません。

景品はなかなかしっかりしたトートバッグをもらえます。
たしか図書館の規模によって配布枚数が違うのですが、恵那でも10くらいあるので、大きいところはもっとあるはずです。これがもらえないと、ボールペンかマグネットの栞になるので、景品の格はがくっと下がります。

ちなみに去年は消化されずに残ってたくらいなので、まだ間に合う可能性も高いんじゃないかなーと思いますので、県内の方はぜひチャレンジしてみてください。